山王クリニックのタイトル画像 山王クリニックの建物画像

診療科目

外科
内科
整形外科
胃腸科
理学療法科
院長
斎藤 雄介

医学博士 日本医師会認定産業医
群馬大学医学部 卒業
国立がんセンター消化器科 出身

診療時間

月曜9:00~12:30 | 15:00~18:00
火曜9:00~12:30 | 15:00~18:00
水曜休診
木曜9:00~12:30 | 15:00~18:00
金曜9:00~12:30 | 15:00~18:00
土曜9:00~12:30
日曜9:00~12:00
※祝祭日休診

お知らせ

特にありません

交通

①.バス停「藪根」下車後徒歩2分

・JR横浜線 または 市営地下鉄グリーンライン 中山駅 発 41系統 新横浜行き
・東急田園都市線 市が尾駅 発 03系統 新横浜行き

②.バス停「藪根」下車後徒歩2分

・JR または 市営地下鉄ブルーライン 新横浜駅 発 41系統中山駅前 ららぽーと横浜行き
・JR または 市営地下鉄ブルーライン 新横浜駅 発 03系統 市が尾駅行き

JR横浜線 鴨居駅より徒歩10分・車3分

駐車場有


住所:〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町4093
電話番号:045-934-5121
医療法人心叡会(しんえいかい) 山王クリニック

内臓脂肪減少&美容プログラム

内臓脂肪を減少しましょう!

胃や腸の筋肉(平滑筋)を収縮させることで、内蔵周辺の脂肪を燃焼させます。肥満学会や糖尿病学会でも発表された新たな予防医療の一つで、薬や食事制限などと併用することで効率よく血糖値や内臓脂肪を減少していきます。

健康的に痩せましょう!

電気的な刺激による筋肉の引き締め、特に体の深層部にある遅筋を鍛えることで、効率よく脂肪を燃やす体質に改善します。痛みが伴わない、安全な通電で健康的なダイエットを実現することが可能になりました!

筋力トレーニングの仕組み

日ごろ鍛えにくい身の奥に眠っているインナーマッスルを中心に、電気の力でより効果的に筋肉を鍛えることができます。特に、おなかの深部にある腹横筋を鍛えることによって、お腹の中にコルセットを巻いたような引き締まりを得ることができます。

プロテクノ・エグゼの画像

プロテクノ・エグゼ

プログラム概要

  • ● 電気の力で筋力(代謝力)をアップ。
  • ● 週2回×4回で効果を実感できます。

メタボリックシンドロームの対策として様々な医療機関で用いられるプログラムです。腹部だけでなく、ウエスト、太もも、二の腕など、インナーマッスルからアウターマッスルなどを電気の力で収縮させ、バランスよく筋強化および引き締めを行います。

同時にロングブレスダイエットをDVDを見ながら行うと1ヶ月に3〜5Kg減量、ウエストも細くなります。

このプログラムは保険が適用されます。

医療機器「プロテクノ・エグゼ」とは。

国内・国際特許取得の特殊波形を出力する、新型のメディカルフィットネスマシン。スポーツ選手の筋強化やコンディショニング、美容・痩身はもちろん、数々の医療機関で近年話題のメタボリックシンドローム対策に用いられる医療機器です。

※プログラム詳細については院長・スタッフにお尋ねください。

プラセンタ療法

当クリニックでは、プラセンタを用いた治療を行っています。

プラセンタとは(胎盤)の事です。胎盤は多くの栄養素を含み、その成分を抽出し治療薬として使用されています。

古くから日本でも肝臓病や更年期障害等の治療に行われていましたが、その用途は広範囲に及んでおり、いわば栄養の集合体です。健康な身体は内側からのケアが重要ですが、現代社会におけるストレス、不規則な生活や外食による偏食など改善されない悩みとなっています。それらを補うプラセンタの栄養素が、身体の内側から効いてバランスを整えて、健康な状態に戻していきます。

プラセンタって何に効くの?

胎盤の成分は主にアミノ酸、ビタミン(B1、B2、B6、B12、C、D、E、他)、ミネラル、酸素、糖類、核酸(DNA他)等で構成されています。効き目は焼く1〜2週間で、その間に様々な効果が現れます。

免疫力向上、抗炎症作用、皮膚乾燥、アトピー性皮膚炎、生理痛、生理不順、便秘、内分泌ホルモン調整、更年期障害、自律神経調整、肉体疲労改善、肝機能改善、腰痛、肩こり、冷え性、血行促進、新陳代謝促進他

プラセンタQ&A

Q.プラセンタにはホルモンは入っていないの?
A.血液・ホルモンはすべて完全に除去しますので一切ホルモンは入っていません。

Q.エイズや感染症の心配はない?
A.エイズやC型肝炎等の感染症にかかっている方の胎盤は使用しません。また、万一もれてしまったとしても121℃で20分間加熱しますので、全く問題ありません。

Q.注射はどのくらい打つの?
A.最初の1〜2ヶ月(初期療法)は週に1〜2回。維持療法は1週間ないし、2週間に1回位が効果的です。

Q.プラセンタ注射の効果は?
A.肝臓病、アトピー性皮膚炎、皮層乾燥症、しみ、しもやけ、生理痛、生理不順、冷え性、レイノー現象、便秘、更年期障害、のぼせ、ホットフラッシュ、イライラ、高脂血症、腰痛症、肩凝り、全身の関節痛、筋肉痛、リウマチ、膠原病、ベーチェット病、免疫強化作用(風邪がひきにくくなる)、抗疲労作用等が挙げられます。

Q.注射を打ったら、その周りが温かくなるのは何故?
A.プラセンタに血行促進作用があるからです。

Q.化粧品にプラセンタ配合と書かれていますが、どんな効果があるの?
A.保湿作用、美白効果、血行促進作用、新陳代謝活作用、抗炎症作用、細胞分裂促進作用、抗アレルギー作用等の効果があります。

神経と筋の再生(再教育)

プロテクノ・PNFの画像

プロテクノ・PNF

多くの機器類の疼痛緩解と消炎鎮痛の作用機序は、温熱効果やマッサージ効果による 血液の循環作用によるものですが、 疼痛緩解と消炎鎮痛の効果を最大限に得るためには筋肉と神経の再教育がされなければなりません。 プロテクノPNFはEMS運動による患部のマッサージ効果に加え、神経と筋の再生を行うことで多様なリハビリテーションのニーズに答えることが可能です。

※プログラム詳細については院長・スタッフにお尋ねください。